contents

サイト内検索
時事刻々の最新記事
活動記録の最新記事
おらんくBARの最新記事
access counter
  •  

    • 378820総閲覧数:
    • 4今日の閲覧数:
    • 1437昨日の閲覧数:
    • 2394今週の閲覧数:
    • 4901今月の閲覧数:
    • 203240総訪問者数:
    • 4今日の訪問者数:
    • 113昨日の訪問者数:
    • 724今週の訪問者数:
    • 2355今月の訪問者数:
    • 103一日当たりの平均訪問者数:

  • 活動記録

    • 活動記録

    解散に伴う憲法改正の公約や今後の考え方について、本部長に一任することを了承。
    総選挙では、憲法9条や参議院の区割りの改正については、より国民に分かりやすく、具体的な議論につながるものにするよう考えています。

     

    「CLT議連」副代表として講演。

    CLTとは、ラミナー(木製板)を交互に重ねた強度ある合板であり、高層ビルの床断面に使って床の重量を下げ、鉄筋コンクリート床より耐用性ある建材として、今、注目されています。高知県が先駆的に取り組んでいる木材利用政策です。

    800人の大盛会の中で日本の防衛をしっかりとの声が多かったです。
    衆議院の解散総選挙では、自衛隊を明記する憲法改正の必要性について、しっかり説明して、国民の理解、納得、共感を得るようにすべきです。

    西部邁先生とケビン・メア 元米国務省日本部長と「核保有」論について討論しました。

    北朝鮮の6回目の核実験で、米国の核抑止は十分なのか、非核三原則の見直しは必要なのかなど、日本の“核保有”について奥の深い議論しました。

     

    西部邁先生とケビン・メア 元米国務省日本部長と「核保有」論について討論しました。

    北朝鮮の6回目の核実験で、米国の核抑止は十分なのか、非核三原則の見直しは必要なのかなど、日本の“核保有”について奥の深い議論しました。

     

    所属議員が意見表明し、現在の我が国の安全保障を踏まえ、憲法で自衛隊をどう明文化するか、幅広く考察を重ねました。
    次回は具体的案を出して議論を続けていきます。

    防衛の現実に即した安保法制に資する勉強会で挨拶。
    9月11日米国同時多発テロ事件から16年、当時の防衛庁長官として防衛省、外務省、アメリカ大使館関の担当者と懸命に日米で協力対処したことを話しました。

    安倍総理や歴代防衛大臣が出席。緊迫の度合いを増す朝鮮半島や東シナ海の領域警備、テロリスト対策など新たな脅威に対して、日本防衛の大任を帯びた陸海空自衛隊の将官を激励。

    自衛隊の訓練実施において、東富士演習場がお世話になっており、防衛や安全保障政策でも大変ご協力いただいています。
    自分も40年前にここで、ギリギリの状態までのレンジャー訓練してましたが、あの時の試練のお陰で、現在の私があります。

    テレ朝のAbemaTV。

    2017-09-09 23:52

    「みのもんたのよるバズ!」で2時間、北朝鮮核実験・ミサイル問題を専門家の皆さんと議論しました。

    みのさんのつっこみも、よく分析し、国益や国家戦略を踏まえたものであり、白熱した議論になりました。