contents

サイト内検索
時事刻々の最新記事
活動記録の最新記事
おらんくBARの最新記事
access counter
  •  

    • 378820総閲覧数:
    • 4今日の閲覧数:
    • 1437昨日の閲覧数:
    • 2394今週の閲覧数:
    • 4901今月の閲覧数:
    • 203240総訪問者数:
    • 4今日の訪問者数:
    • 113昨日の訪問者数:
    • 724今週の訪問者数:
    • 2355今月の訪問者数:
    • 103一日当たりの平均訪問者数:

  • 活動記録

    • 活動記録

    クリスティーンさんとは国会や防衛白書について熱心な政治談義をしましたが、とても活発でキュートな視点を持ったマルチな論客でした。

    160908来客1

    会場では、多くのOB隊員やご家族の力作を拝見しましたが、自衛隊の中で国の防衛の合間に趣味や余暇で文化芸術を楽しみ、人生を楽しむことは素晴らしいことです。

    160908つばさ会1

    160908つばさ会2

    憲法制定での苦労話やこれまでの議論を話し、今後について具体的思案作りに共に協力することを誓いました。

    160908JC公演1

    160908JC公演2

    多くの研究者、実務者、外交官が集まり、日韓の友好発展のため、叡智をしぼって議論できて実りの多い会合でした。

    日本と韓国との関係は、 現在を過去から見るのか、未来から考えるのか、韓国という外から長期的に物事を見ることの 重要性を学びました。

    160902日韓未来対話終了2

    アジアの未来と日韓の役割について、「両国民の相互認識における変化と継続性」について、日韓双方の立場からの現在、過去、未来を見つめ議論しています。

    160902日韓未来対話・公開セッション1

    韓国の安全保障論客とアジアの安全保障について議論を展開しています。

    160901日韓未来対話フォーラム1

    160901日韓未来対話フォーラム2

    北海道は自衛隊の 実力を養成する道場であり、各地の支援者に心から感謝します。

    160825北海道の自衛隊を支える中央大会講演1

    160825北海道の自衛隊を支える中央大会講演2

    夜空、満月.夜明け前の暁、すばらしい天気です。

    160819富士登山1

    160819富士登山4

    8月15日は終戦の日ではなく、「大東亜戦争終結ノ詔書」が玉音放送で、国民と陸海軍に伝えられた日ですが、大本営は「別に命令するまで現任務を続行」と命令じ、16日に自衛の為の戦闘行動以外の戦闘行動を停止するように命令出しました。

    18日には、全面的な戦闘行動の停止は、別に指定する日時以降に行うように命令を出し、19日に、第一総軍、第二総軍、航空総軍に対して、8月22日零時以降、全面的に戦闘行動を停止するように命令し、支那派遣軍を除く南方軍等の外地軍に対しては、8月22日に、8月25日零時以降に全面的な戦闘行動停止を命令しています。

    中国大陸では、中華民国との戦闘が暫く続き、ソ連軍は北方四島に上陸し、中央の命令により現地陸軍守備隊によって行われ(占守島の戦い)、戦闘停止命令の届かなかった部隊の小規模な戦闘は、8月下旬まで続きました。

    1945年9月2日、昭和天皇は「誓約履行の詔書」を発し、日本政府全権の重光葵外務大臣と大本営(陸海軍)全権の梅津美治郎参謀総長が、降伏文書に調印し、即日発効し、連合国の占領が始まり、1951年9月8日、サンフランシスコ平和条約が調印され、1952年4月28日をもって、国際法上、正式に日本と連合国との間の「戦争状態」は終結し、日本は主権を回復します。しかし、戦後71年、未だに多くの遺骨は戦地に残されたままです。

    先の大戦で尊い命を捧げられた英霊に対し、心からの哀悼の誠を捧げます。

    160815戦没者慰霊祭1

    160815戦没者慰霊祭2

    160815戦没者慰霊祭3

    高知出身のノンフィクション作家の門田隆将さんからは、「治にありて乱を忘れず」との言葉を頂きました。

    真極真の三好師範、上田 修身監督などとも、リーダーシップ論などについて、夜がふけるまで語り合いました。

    160809慰労会1