contents

サイト内検索
時事刻々の最新記事
活動記録の最新記事
おらんくBARの最新記事
access counter
  •  

    • 48現在の記事:
    • 327344総閲覧数:
    • 207今日の閲覧数:
    • 204昨日の閲覧数:
    • 1623今週の閲覧数:
    • 5712今月の閲覧数:
    • 175685総訪問者数:
    • 120今日の訪問者数:
    • 115昨日の訪問者数:
    • 974今週の訪問者数:
    • 3362今月の訪問者数:
    • 122一日当たりの平均訪問者数:

  • おらんくBAR

    • おらんくBAR

    只今特訓中。

    2017-01-28 16:03

    龍馬マラソン大会を目指して、近所の潮見台の頂上までランニング。

    寒い冬も走ると気分爽快。まさに「冬日可愛」。

    冬の太陽はあたたかく、いとおしく有り難いもの。温和で惠深い人の例え。

    春秋時代、魯の文公七年(B.C.620年)、狄(テキ)の部族が魯の西部に侵入、文公が晋に訴えると、晋の趙宣子(チョウトン)は、狄の鄷舒(ホウジョ)を叱責した。

    趙衰は冬日の日(冬日は愛すべく)であり、冬の太陽である。冬の太陽は人が集まって身を寄せるもの、武力で攻めいる夏の太陽は人が恐れはばかるもののたとえです。

    私も冬の太陽のように愛すべき存在になりたいです。

    170128マラソン特訓1

    170128マラソン特訓2