contents

サイト内検索
時事刻々の最新記事
活動記録の最新記事
おらんくBARの最新記事
access counter
  •  

    • 397122総閲覧数:
    • 12今日の閲覧数:
    • 212昨日の閲覧数:
    • 2580今週の閲覧数:
    • 5975今月の閲覧数:
    • 213692総訪問者数:
    • 10今日の訪問者数:
    • 117昨日の訪問者数:
    • 937今週の訪問者数:
    • 2929今月の訪問者数:
    • 132一日当たりの平均訪問者数:

  • おらんくBAR

    • おらんくBAR

    夜間に野市駅前と高知市の街頭から今度の解散・総選挙の意義を訴えました。

    多くの通勤途中の方から激励をいただきました。

    one for all .all for one。

    2017-09-26 19:29

    「一人は皆のため。皆は一人のために」
    皆と力を合わせて、頑張っていきます。

    様々な場面でいろんな声を拾ってます。

    9月28日に解散総選挙、争点は経済政策、消費税で幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減を図り、全世代型の社会保障とすること。

    北朝鮮の拉致、核、ミサイル問題への対応で国の防衛と国際社会との連携 、憲法問題です。
    今回の解散は、まさに政権選択の選挙です。

    いろんなご意見をいただき、大変勉強になっています。国民には、多様な意見があります。しっかりと議論していかねばなりません。

    多くの通勤・通学に向かう方々に出会うことができ、挨拶をしました。

    率直で地方からの視点でのご意見を伺い、大変参考になりました。民意を越える政治は存在せず、民意を反映できない政治家は、いい仕事はできません。

    消費税10%への引き上げに際し、軽減税率導入に対して、慎重な判断と増加分の使用途や財政再建について貴重なご意見を伺いました。

    昨年の参議院選挙から1年、高知県と徳島県の代表として懸命の活動をしています。