contents

サイト内検索
時事刻々の最新記事
活動記録の最新記事
おらんくBARの最新記事
access counter
  •  

    • 397123総閲覧数:
    • 13今日の閲覧数:
    • 212昨日の閲覧数:
    • 2581今週の閲覧数:
    • 5976今月の閲覧数:
    • 213693総訪問者数:
    • 11今日の訪問者数:
    • 117昨日の訪問者数:
    • 938今週の訪問者数:
    • 2930今月の訪問者数:
    • 132一日当たりの平均訪問者数:

  • おらんくBAR

    • おらんくBAR

    天壌無窮とは、天地とともに永遠に極まりなく続くさま。
    「天壌」は天と地。「無窮」は極まりないさま、永遠の意味です。日本書紀にある言葉です。

    農業、水産業、林業、商工業の代表から、現場の意見を伺い、大変参考になりました。

    日頃練習した成果をいかし、元気でチームワークのあるプレーで、お母さんがたの声援も賑やかに開催されました。

    久しぶりに体のぶっつかり合うチームプレーで気持ちよい交流となりました。

    昭和32年11月29日に起こった大火から、毎年、火災防止を祈る伝統行事。
    過疎高齢化の集落ですが、この日はみんな揃って賑やかに地元の警察・消防・森林組合・役場・林業事務所学校・学生の若者の相撲を応援。

    まさに「人の和」で、地方自治の原点、地域の人造りを見る思いです。

     

    防災の危機管理に地域の連携が図られています。

    弓道の心は「真・善・美」、正射必中で「真」の弓は偽らない。正しい射法で射られた矢は、必ず中る。弓を射るは、正しい射法を目指す「真」の探求である。

    「善」は、平常心に宿る。自分と向かい合い、心を養い、常に平常心でいられる心を作ること。

    「美」は、「真」と「善」の結晶。正しい構え、正しい動作、それに内面の人格的向上が一体となったとき、 理想的な美しい弓が表現されるもの。

    弓道の美しい作法を教えてくれた藤原先生のご冥福を、心よりお祈りいたします。

    最近は、救急救命、津波・地震、ミサイル・特殊犯罪の捜索など住民の危機管理の対象も広範囲で、多様になっており、その対処もご苦労が多いと思います。

    土佐塾対中央は、34対7で土佐塾が花園での全国大会の出場権を得ました。

    双方がレベルの高い、白熱した良い試合でした。選手、学校指導者の皆様に心より敬意を表します。

     

    昨年の参議院選挙で39万2433万票を獲得し、全国第4位の順位で当選された議員にふさわしい大きなスケールと誠実、実直な議員であり、これからの活躍が期待されています。