contents

サイト内検索
時事刻々の最新記事
活動記録の最新記事
おらんくBARの最新記事
access counter
  •  

    • 1634現在の記事:
    • 378820総閲覧数:
    • 4今日の閲覧数:
    • 1437昨日の閲覧数:
    • 2394今週の閲覧数:
    • 4901今月の閲覧数:
    • 203240総訪問者数:
    • 4今日の訪問者数:
    • 113昨日の訪問者数:
    • 724今週の訪問者数:
    • 2355今月の訪問者数:
    • 103一日当たりの平均訪問者数:

  •      


    私の政治信条


    室戸岬まで(序にかえて)
    ・・・・・・・・・著書「翔」(私の想)より
    室戸岬までの行脚紀行にて


    私は歩いている。室戸岬まで歩いている。

    自分とは何か。 政治とは何か。
    何のために政治家になるのかを、この身体で知りたくて歩いている。

    そして自分自身の心の中に、強い信念を得るために歩いている。

    空海のゆかりの寺で、静かに目をとじ合掌し、
    ひたすら自分に問いかけてみた。

    心の中のものをすべて捨て去り、純粋な心に戻り、
    偽りのない無心の状態で心に問いかけてみた。

    私は、いったい何をするためにこの世に生まれてきたのであろうか。


    南国の暑い日差しのその中で 我が行く道を尋ね歩かん

    暑き日の 流れる汗のひとしずく 心の底から溢れ流れる


    山の上より土佐の海を見つめる。

    やはり、土佐の海は青い。

    遙か水平線の向こうに雲が巻き上がっている。

    浜からの風に吹かれながら、この土佐にある素晴らしい自然と
    自由を求める心を 感じている。

    いつまでもこの土佐の海のように、
    雄大でスケールの大きな考えを持ち続けたい。

    人の世を知らんばかりの美しさ 太平洋の海の青さは

    ここに道があるのも、ここに家があるのも、
    そこに誰が住んでいるのかも、

    私は何も知らずに生きている。

    ふと気がつけば、道端に白い花が咲いている。

    人知れず、ただひたすらに咲いて散ってゆく。

    その道を、何も知らずに私は歩いている。

    どこまでも 続く松原 その道で そより揺れ知る 名も知れぬ花